Redmine

1.概要

 

2.インストール

ここでは手間が少なく、最速でインストールできると判断したBitnami-Redmineパッケージを使用した方法を記載する。

プラットフォームについても、運用・保守においても手間が少ないCentos7へのインストールとした。

(1)ダウンロード

下記サイトのLinuxモジュールをダウンロードする。

 Install Redmine, Download Redmine

redmine_2-1.png

(2)インストール

ダウンロードしたファイルをCentos7の任意ディレクトリへファイル転送しておき(ここでは/tmp)、インストーラを実行する。
当インストーラ実行時にはPerlモジュールが未インストールだとエラーが発生するため、事前にインストールしておく必要がある

■perlモジュールインストール
yum install perl perl-Data-Dumper

■インストーラ実行
cd /tmp
chmod +x ./bitnami-redmine-3.4.6-3-linux-x64-installer.run
./bitnami-redmine-3.4.6-3-linux-x64-installer.run

■対話形式入力例 ※原則、デフォルトで問題無しで、メール設定だけはNで進める。(後でできるため)
Please select the installation language
Please choose an option [1] : 3

----------------------------------------------------------------------------
インストールするコンポーネントを選択してください

Subversion [Y/n] :
PhpMyAdmin [Y/n] :
Git [Y/n] :

----------------------------------------------------------------------------
Installation folder

フォルダを選択 [/opt/redmine-3.4.6-3]:

----------------------------------------------------------------------------
管理者アカウントの作成

表示用氏名 [User Name]:
Email アドレス [user@example.com]:
ログイン名 [user]:
パスワード :

----------------------------------------------------------------------------
データベースに保管する際の既定の言語

オプションを選択してください [14] :

Do you want to configure mail support? [y/N]: n

 

 

3.セットアップ例