VBA

「Visual Basic for Applications」の略で、MicrosoftOfficeの拡張機能。

VBAで記載したプログラムを実装し、実行することで、Officeソフトウエアのオブジェクトへ簡単にアクセスができ、手作業の手順の自動化などが可能。

Excelでいう「マクロ」という言葉が「VBA」と同義で使用される場合があるが、適切ではなく、VBAの実体はそのプログラム仕様と実行環境、および、記載されたプログラム自体を指すのが正しいと考える。

※Excelの処理手順をマクロとして記録すると、内部的にはVBAで書かれたプログラムで保持されるため、言葉の混同がされていると考える。

※また、VB(VB6)、VB.NETとは何の関連もない。プログラムの文法がVBに類似しているというだけと想定する。
 

【コメント】

MicrosoftOfficeには色々とあるが、実質的にはExcel、AccessにおけるVBAがメインである。

AccessのVBAはクライアントプログラムとして一時期流行ったが、現在はほとんど見ない。

(これで喰っていこうという人達は次第に消えていった...)

AccessというDB自体形骸化しているし、無償のVisualStudioで.NETアプリケーションが簡単に作れるので、あえてVBAという判断をすることは考えにくい。